03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

【床丹27】洪水を弱める働きをする氾濫原に治山ダムを作るのか? 

床丹川は住宅地の数百メートル上流で三筋に分かれて広い氾濫原を蛇行して流れている。
099

増水時に水に浸かる氾濫原は流速を弱め下流水位を下げる働きをする。また、水棲生物に避難場所を提供し、地下水涵養の働きを持つ。これらの便益を生態系サービスという。
IMGP0270.jpg

床丹川は自ら洪水調整能力を有しており、住宅地は大きな水害を被ったことがない。
治山ダム建設計画では氾濫原の中にダムを設置することになっているが、氾濫原における川の自由な流れを妨げることがどんな影響を及ぼすかについて十分な調査・シミュレーションを行ったのか、石狩振興局には是非質問したい。(下記の写真は治山ダムの設置イメージ)
tokogatame0

◆◇◆

米国カリフォルニア州ナパは、もともとナパ川の氾濫原に作られた町であったため洪水に苦しめられていたが、住民は「生きている河川」を環境資源と考え、大規模な堤防による洪水対策ではなく、かつての氾濫原を復活させることで洪水をコントロールすることを選択した。

米国の洪水対策を担う陸軍工兵隊は当初堤防強化案を主張したが、市民グループとの協働を経て氾濫原復活事業を行った。

「生きている河川」コンセプトの研究 ―ナパ川(サンフランシスコ地域)の場合―(大阪芸大 松久喜樹)

生態系サービスという挑戦 -市場を使って自然を守る-生態系サービスという挑戦 -市場を使って自然を守る-
(2010/09/21)
グレッチェン・C・デイリー、キャサリン・エリソン 他

商品詳細を見る



床丹28】に続きます。
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 床丹川

tb: 0   cm: 0

« 【床丹28】120707_現地意見交換会  |  【床丹26】自然を経済的に可視化せよ。 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidosabo.blog.fc2.com/tb.php/34-cc7120fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。