09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

【床丹15】110925床丹川リバーウォッチング報告 

延期されていた、北海道の森と川を語る会主催の床丹川リバーウォッチングが2011年9月25日に開催されました。

130
住宅地の真ん中を川が流れ、その脇がメインストリートです。
国道231号線開通以前は、住宅地の上から続く山周りの道路が他の町とつながる主要道で、かつてこの川沿いのメインストリートの位置は風呂や便所や物置などが並ぶ家屋裏手にあたり、昭和28~30年頃の増水で建屋が流され、その後、現在のコンクリート護岸ができたそうです。
昭和56年水害時には、屈曲し狭まった流れが左手石垣付近に押し寄せて道路に水が溢れましたが、家屋が流される被害はなかったとのことです。なお、石垣護岸の一部に開いていた穴(上記写真左奥 2011/7/31撮影)は、

IMGP0346[1]
土嚢で応急手当されていました。数日前に設置されたそうです。

IMGP0354[1]
北海道自然保護協会から多くの方が参加されました。

IMGP0172[1]
北海道石狩振興局が指摘している崩落部(2011年7月31日撮影)は、

356.jpg
2011/9/2の182mm(札幌管区気象台の浜益の日降水量データで過去34年間の最高雨量。)の雨でも特に変化は見られませんでした。参加された専門家の方々からは、
「通常どこの河川でも見られる一般的な屈曲部の浸食であり、特に措置を施す必要性はなく、砂防治山ダムで対応すべきものではない。」
「強いて対策を行うとすれば、屈曲部の上流で川岸の石の配置を変えて、浸食部に流れが向かわないようにすればよい。」
というお話でした。

床丹16】に続きます。
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: 床丹川

tb: 0   cm: 0

« 【小熊沢川1】111005_道南大野川支流小熊の沢川の砂防工事  |  【床丹14】110904_増水状況 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidosabo.blog.fc2.com/tb.php/17-e2f634a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。