06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

【床丹7】8/9「床丹川から考える」_シンポジウムのお知らせ 

北海道の森と川を語る会
「床丹川から考える 人は森と川にどのように関わっていくべきなのか」

「床丹川に砂防治山ダムができる?」

2011年7月13日、北海道新聞札幌版朝刊に次のような記事が掲載されました。(文章は抜粋)

こんな光景が見られなくなるかもしれない。この秋、上流にダムを設ける工事が始まるからだ。
床丹川は半世紀前に氾濫した。工事の理由のひとつだ。しかし、それ以降、川は穏やかに流れている。
床丹の人たちは心配する。親しんできた川が姿を変えてしまうのではないか、ヤマメもいなくなるのではないか-。(「床丹12人の集落 2011年夏<中>」より)


床丹川は人工構築物が少なく、サクラマス(ヤマメ)が自然遡上し繁殖する貴重で豊かな川です。
12名の流域住民に対し、北海道石狩振興局はダム建設の目的を「森林の涵養」「土砂流出被害の防止」と説明しています。

■砂防治山ダムで森が本当に豊かになるのでしょうか?
■半世紀前に氾濫した川が流域住民12名の命や財産を脅かす「暴れ川」なのでしょうか?

今回の「北海道の森と川を語る会」は、床丹川ダム計画に対する疑問から出発し、森と川の営み、そこに人がいかに関わってきたのか、そして、これからどう関わっていくのかを2011年夏の夜に皆さんと語りあいたいと存じます。

場所: 札幌市中央区北2西7 かでる2・7 720研修室
参加: 無料
日時: 8月9日(火) 19:00-20:45
スケジュール:
 第1部 <報告> 19:00-19:40
  1.「道内河川の砂防治山ダムの概況」-国道231号オロロン街道沿いを中心に
  2.「床丹川の特徴とその貴重性」 周辺河川との比較

 第2部 <対談> 19:45-20:45
 「床丹川から考える 人は森と川にどのように関わっていくべきなのか」
   
主催: 北海道の森と川を語る会
問合せ先: hokkaidosabo(アットマーク)gmail.com

(【床丹8】に続きます)
スポンサーサイト

カテゴリ: 床丹川

tb: 0   cm: 0

【床丹6】8/25の入札中止 

北海道石狩振興局産業振興部林務課治山係によると、床丹川ダム建設に関し8月25日に予定していた入札は、諸般の事情により中止(延期の可能性も含む)するとのことです。

「北海道 電子調達ポータル」で当該入札の取り止めを確認しました。2011/8/1

「発注者の都合により、入札を取り止めます。」

(【床丹7】に続きます)

カテゴリ: 床丹川

tb: 0   cm: 0

【床丹5】110726_ダム完成イメージ 

床丹川砂防治山ダムは、床固工による低ダム群工法の計画です。
両端が高く、中央が凹んだ構造のダムを複数連ねるものです。

増水時には川幅が広がるので、普段は川原であるところを流れてくる土砂を両端の高くなった部分で遮り、下流に流れた土砂は更に下のダムで幾重にもキャッチするという考え方です。
また、中央部が凹んでいることで通常時の流れを妨げず、大きな段差も生じないので、魚道を造らなくても魚の遡上に影響はない、とされています。
tokogatame0
床丹川砂防治山ダムも完成時はこのようになるでしょう。川原は整地され、河畔林が伐採されています。
一見、これならさほど問題ないと思われるかもしれません。建設前はこのような場所です。

tokogatame1
床丹川が一定の土砂流出がある川ならば、やがて砂防治山ダムの内側は堆積物で埋まるかもしれません。ダムそのものが埋もれてしまえば「砂防」の役目を果たさなくなります。

tokotan_dam_03
また、砂防治山ダムの下では流れによって河床が掘り下げられます。建設当初はさほどではなくても、このように段差がついてしまうと魚はこのダムを越えて上流に遡ることはできません。川が分断されるのです。

そして、もし砂防治山ダムに土砂がまったく貯まらないないならば…、
それは「砂防の必要がなかった」ということです。

(【床丹6】に続きます)

カテゴリ: 床丹川

tb: 0   cm: 0

【床丹4】110726_自然保護協会要望書提出、工事入札日は8/25 

以下、2011年7月26日付北海道新聞札幌版朝刊記事からの抜粋引用です。

-----------------------------------------
25日、北海道自然保護協会が床丹川ダム建設計画の見直しを求める要望書を道と石狩市に提出した。

要望書は、ダムができればヤマメなどが激減し、ダムの下流では川底の侵食によって河岸が崩壊する恐れがあることを指摘。工事を凍結し、再調査することを求めた。

8月25日に一般競争入札を行う予定。
-----------------------------------------

【床丹5】に続きます)

カテゴリ: 床丹川

tb: 0   cm: 0

【床丹3】110720_公共事業データベースより工事概要判明 

リンクに掲載した公共事業情報ポータルにて下記内容を検索しました。

まずは2基を今年度予算で行うようで、
まだ電子入札一覧には掲載されていませんでしたが
発注予定時期【8月】!

--------------------------------------
平成23年度(平成22年度補正等を含む)
石狩振興局の発注予定工事等情報
平成23年4月21日現在

下記の内容は、公表時点の概要・概算であり、
今後変更(朱書き)になる場合があります。

実施機関:石狩振興局産業振興部林務課

今回の公表内容【変更】: ○入札 
工事場所: 石狩市浜益区
種別: 森林土木(治山)
工事名: 床丹川予防治山工事 
工事概要: 床固工2基
予定期間(日): 180
発注予定時期: 8月 
概算工事費(百万円): 70
入札及び契約方法: 簡易総合評価
備考: (A等級)
--------------------------------------

【床丹4】に続きます)

カテゴリ: 床丹川

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。