03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

保守 

保守投稿
スポンサーサイト

カテゴリ: 床丹川

tb: 0   cm: --

第10回渓流保護シンポジウム in 北海道 「川のメカニズムに学ぶ防災と環境」 

→【目次・まとめ・リンク

第10回渓流保護シンポジウム in 北海道
「川のメカニズムに学ぶ防災と環境」


 1960年代から70年代にかけて、川の水質悪化が公害の1つとして問題となりました。その後、法令の規制や行政・市民の活動により全国の川の水質は大いに改善され、札幌においても豊平川に鮭がふたたび遡上するようになりました。
 しかし近年、本来自然に流下する土砂をダムまたは堰堤(砂防ダム・治山ダム)がせき止めることにより川の機能が損なわれ、これを原因とした生物環境や水産資源への悪影響、流域や海岸線の異常浸食さらにそれらが引き起こす災害などが懸念されようになりました。
 本シンポジウムでは特に、防災を目的として設置されている砂防ダムの機能・役割・影響を多面的に検証し、平成9年改正河川法の趣旨である流域の自然の豊かさと防災を両立させていくための知恵と行動を議論する場として開催します。

 <1日目>総合シンポジウム
  2014年9月6日(土)13:30-17:20
  北海道大学文系総合研究棟2階W203教室
  【講演】高橋剛一郎氏(富山県立大学工学部環境工学科環境デザイン工学講座教授)
      田米開(ためがい)隆男氏(元 林野庁関東森林管理局計画部長)
      三上直之氏(北海道大学環境社会学准教授)
  【シンポジウム】道内各地の河川状況

 <2日目>フィールドワーク学習会
  2014年9月7日(日)10:00-15:00(予定)
  札幌市内琴似発寒川にて 

*詳細はこちらへ

■イントロダクション「川のメカニズムと砂防ダムが川に与える影響」

◎はじめに次の動画をご覧ください。


1.砂防ダムと一般的なダムの違いは?
 (1)水を貯めない
   →発電、灌漑・飲料水確保、増水時の水量調整機能などはない。
 (2)土砂災害防止が目的
   →土石流発生の危険がある荒廃山地、浸食の進む渓流河川が対象。
    通常いくつも連続して作ることで機能を果たすとされる。

(参考:Wikipedia)
●砂防ダム…土砂災害の防止(土石流の停止、流出土砂量の調整、地すべり抑止、河床の縦浸食の防止など)を目的に、砂防法に基づき河川に設置される構築物。規模により「砂防堰(えん)堤」「床固工」などとも呼ばれる。
●治山ダム…同様の目的で森林法(治山事業)に基づき設置されるものを言い、「谷止工」「床固工」とも呼ばれる。
◎当ブログでは、特に明示がない限り、砂防ダムと治山ダムをあわせて砂防ダムと呼びます。

2.砂防ダムをめぐる問題
(1)設置前
 a.荒廃山地判定の不明確


(林野庁ホームページ「日本に山地災害が多いわけ」より引用)

 砂防ダムが防ごうとしている土石流発生の危険性が高いのは、火山の爆発や樹木の伐採などによって地形が不安定になっている荒廃山地、崩落を繰り返す急峻な山岳渓流などですが、この危険性の判定方法が不明確で、川が本来持つ浸食と運搬作用の結果として生じる通常の河岸浸食や土砂の堆積が危険で有害なものとみなされた結果、作られた砂防ダムが数多くあると考えられます。

 b.過大な災害想定
 過去の最大記録をはるかに上回る降雨量や、降雨量に比べて過大な増水量などを前提とした災害想定を行い、不適切に大規模な防災対策として砂防ダムを計画し・設置した事例が多数あると考えられます。
 
 c.費用対効果(B/C)の不明確
 公共事業は、事業費用(C)に対して得られる便益(B)が「1」以上であることが目安となります。例えば、1億円で砂防ダムを造った結果、下流の住宅や橋などの財産が土石流により「失われずに済む可能性額」が1億円ならば「1」です。公共事業実施者は「B/Cは1以上である」と言いますが、算定根拠となった各数値や計算方法を明らかにすることはしません。

2)設置後
 a.地形への影響
(以下3画像は「流域の自然を考えるネットワーク」より引用)
degrade01.jpg
 砂防ダムが土砂の流れを止めるため、土砂が過剰となる上流では河床上昇が、土砂が不足する下流では河床低下が進み、上流下流とも増水時に河床や河岸が一気に浸食されるようになり川が不安定化します。

河床低下によってやがて両岸が崩落し、かえって災害を引き起こす要因となります。
houkai-shikumi.jpg

上流に向かって土砂が堆積していくことで河床が上昇、屈曲部で山体を浸食して崩落を加速させるようになります。土砂災害を防ぐはずの砂防ダムが上流部でも不安定化を招きます。
upgrade00.jpg


 b.生物への影響
  ●草木類…増水時の勢いを緩和する川原(氾濫原)や川岸が浸食されて水辺の植生がなくなり、両岸の樹木が倒れ落ちる。地下水位低下の影響も受ける。
  ●昆虫類…川底の砂利の過剰または不足・シルト(泥)化により、水棲昆虫が棲息できなくなる。両岸の草木を棲家とする昆虫が減る。
  ●魚類…川が分断されて自由な行き来ができなくなる。特に海と行き来するサケマス科に影響大。魚道があっても十分に機能しないものが多い。川底の砂利の過剰または不足・シルト(泥)化により、棲息・産卵できる場所が狭められる。餌となる昆虫類が減る。
  ●鳥獣…水辺の植生や樹木がなくなると棲息場所を失う。餌となる魚類・昆虫類が減る。

3.河床低下の起きている河川
 ・動画「河床低下の起きている北海道の川」…各地の現場写真を紹介。
 ・個別事例報告(「流域の自然を考えるネットワーク」提供)
   |羽幌川鉛川砂蘭部川暑寒別川真駒内川千代志別川(砂防ダム建設中)|

4.スリット化やダムの撤去により問題は解決できるのか?
 ・動画「砂防ダムの影響は改善できるのか?」
   …せたな町:良瑠石(らるいし)川は砂防ダム撤去により、河床は安定し、魚の溯上も回復している。
 
5.砂防ダムと河床低下のメカニズム
 ・動画「砂防ダムと河床低下の関係」
   …砂防ダムによって川に生じる変化をアニメで説明。
 ・動画「水路実験-砂防ダムによる流路の変化」
   …水路に自然河川を模した状況を作り、砂防ダムを設置その後撤去した場合の動態。
 ・動画「水路実験-砂防ダムと河岸崩落」
   …水路に山岳渓流を模した状況を作り、河床の砂を流出させたあと増水させたときの動態。
 ・動画「水路実験-露盤化をもたらす砂のコンベヤ効果」
   …水路に粗礫化した河床を模した状況を作り、砂とともに水を流したときの動態。
   →砂が大きな石を動かす様子(特に最後の部分)は土石流のメカニズムにも通じる。実際の土石流動画と比較してみてください。過剰な土砂を出す荒廃山地や崩壊地の下流は土石流要注意であり、砂防ダム・治山ダムは本来これらに備えるものです。

6.より詳しいことが知りたい方へ
 ・魚類への影響について
   →「北海道淡水魚保護ネットワークの書庫」へ
 ・川のメカニズムと環境について
   →「独)土木研究所自然共生センター研究コラム」へ
 ・河床低下と河岸崩壊に関する詳細なレポート(札幌市真駒内川もあり)
   →「浦壮一郎 web site
 ・北海道にある砂防ダムの写真アーカイブ
   →「北海道の川が泣いている」へ
 ◎または「総合リンク」へ

カテゴリ: シンポジウム

tb: 0   cm: --

目次・まとめ・リンク 

トップ
床丹川記事
リンク

■トップ
第10回渓流保護シンポジウム in 北海道「川のメカニズムに学ぶ防災と環境」

■床丹川記事(時系列、◎印がポイント記事)
【床丹001】110713_床丹川に砂防治山ダムができる?
  ◎概要説明
【床丹002】110718_床丹川_現地状況
  ◎初回現地訪問
【床丹003】110720_公共事業データベースより工事概要判明
【床丹004】110726_自然保護協会要望書提出、工事入札日は8/25
  ◎要望書提出
【床丹005】110726_ダム完成イメージ
【床丹006】8/25の入札中止
【床丹007】8/9「床丹川から考える」_シンポジウムのお知らせ
【床丹008】北海道淡水魚保護ネットワークが要望書提出
  ◎要望書提出
【床丹009】110809_フォーラム「床丹川から考える」開催しました。
【床丹010】110812_「北海道の森と川を語る会」が要望書提出
  ◎要望書提出
【床丹011】110813_北海道新聞に特集記事掲載
【床丹012】110814_石狩市に要望書提出
【床丹013】110904床丹川リバーウォッチング
【床丹014】110904_増水状況
  ◎記録的豪雨の直後に現地を訪問、周囲の河川との比較。
【床丹015】110925床丹川リバーウォッチング報告
【床丹016】111014_ダム工事着工、当面事実上延期
【床丹017】111027_行政からの回答
  ◎北海道、石狩市からの回答文書
【床丹018】111026_札幌市水辺の活動発表会
【床丹019】111125_12/14自然保護協会にて報告
【床丹020】平成24年度石狩振興局発注予定工事
【床丹021】120526_林道上部での森林伐採
【床丹022】120707_石狩振興局現地意見交換会
【床丹023】石狩市定例市議会での一般質問
  ◎市民ネットの棟方加代子市議
【床丹024】石狩市定例市議会での一般質問
  ◎共産党の蜂谷三雄市議
【床丹025】共産党の砂防治山ダムに対する考え方
  ◎共産党の真下紀子道議も砂防治山問題に取り組み
【床丹026】自然を経済的に可視化せよ。
  ◎「生態系と生物多様性の経済学」(略称:TEEB)の取り組み
【床丹027】洪水を弱める働きをする氾濫原に治山ダムを作るのか?
【床丹028】120707_現地意見交換会
【床丹29】砂防ダム建設計画白紙に

■リンク
○第10回渓流保護シンポジウム実行委員会
渓流保護ネットワーク
(一社)北海道自然保護協会
サクラマスまもり隊!(北海道の森と川を語る会)
流域の自然を考えるネットワーク
川の自然と治水を考える会
カッコウの里を語る会
サンル川を守る会
(一社)北海道山女魚を守る会

○行政・大学・各種団体
北海道 電子調達ポータル…公共事業の計画予算・入札情報
独立行政法人 土木研究所 自然共生研究センター…川と環境に関する分かりやすい情報サイト
北海道大学流域保全管理学研究室
北海道淡水魚保護ネットワーク
サンル川 Now
水源連のページ …全国の運動をつなぐ総合サイト
認定NPO北の森と川・環境ネットワーク[GRNet]
環境経済・政策学会
The economics of ecosystems & biodiversity(TEEB)
 生態系と生物多様性の経済学The economics of ecosystems & biodiversity(TEEB)日本語版報告書

○講演・シンポジウム・記事・報告など
小野有五教授 最終講義「地球科学者から環境科学者へ」
川が壊れる-砂防ダムの功罪…北海道新聞特集記事
北海道の川が泣いている…砂防治山ダムの写真アーカイブ
渓流保護ネットワーク・砂防ダムを考える
第2回 渓流保護シンポジウム 基調講演 「渓流環境と砂防ダム問題」
浦 壮一郎 website「河床低下と河岸崩壊1,2,3,4」
独)水産総合研究センター中央水産研究所 内水面環境調査「河川工作物による漁場環境変化」
三菱UFJリサーチ&コンサルティング「自然環境を経済的に評価する意義」
三菱UFJリサーチ&コンサルティング「費用便益分析を活用した公共事業の総合評価の実施に向けて」
パタゴニア:環境保護への行動:環境エッセイ「ダム撤去の夜明け」
『疑惑のダム事業4,600億円』-八ッ場ダムの費用対効果(B/C)について
120620_日弁連が「公共事業改革基本法」試案を国会に提出

カテゴリ: 目次

tb: 0   cm: --

4/19(土)フォーラム「八ツ場(やんば)ダムとサンルダム」 

フォーラム「八ツ場(やんば)ダムとサンルダム」

日時2014年4月19日(土)13:30〜16:30
場所 札幌市北7西6北海道クリスチャンセンター
   (◎当初案内していたエルプラザではありませんのでご注意ください。)
詳細
民主党政権下で一旦は事業が中止・中断された両ダムは、建設再開にゴーサインが出てしまいました。このままでは、歴史的な名所吾妻渓谷はやんばダムに沈み、天塩水系で最良のサクラマス産卵場所はサンルダムに沈みます。素晴らしい自然を壊してまで、このままつくってしまってもよいのでしょうか?

13:30 主催者挨拶
13:40-14:50
 講演「八ツ場(やんば)ダムの今」渡辺洋子(八ツ場あしたの会)
15:00-15:45
 講演「子どもたちにサンル川とサクラマスを残そう!」小野有五(サクラマスまもり隊!)
15:45-16:30 総合討論
 みんなで考えよう、どうすれば自然の川を残せるか。

主催(問合せ先):
サクラマスまもり隊!@北海道の森と川を語る会


カテゴリ: サンル川

tb: 0   cm: --

130922_宮城沢川砂防ダムスリット化その後 

札幌市西区を流れる琴似発寒川。
流域全体にわたり工事の手が入っていますが、放流事業の結果、サケ、マスが溯上します。
中流域はコンクリートブロックの川床で産卵適地は少く、かといって、上流山間部までの間には3基の砂防ダムがあるため、サケ、マスはそこまで溯上できず、また、砂防ダムによって砂利が止められ、砂利が過剰な区間と不足の区間ができ、これも産卵適地を狭めている、という状況です。

■砂防ダムなどの位置は次のGoogleMapに表示しました。

より大きな地図で 琴似発寒川 を表示

■琴似発寒川流域全体の概要はこちら

以下、本来サケ、マスの産卵適地であるはずの琴似発寒川上流部の支流・宮城沢川にある3基の砂防ダムのうち一番上のものにスリット(切り込み)が入れられ、川床に必要な砂利がふたたび移動できるようになったあと、2012年10月21日と2013年9月22日の11ヶ月間で現場の様子がどう変わったかを報告します。

2012年、宮城沢川最上流部の砂防ダム。もともと中央のスリット(切り込み)はなく、ダムの上部に土砂を蓄えていたが、スリットを入れ、流木止めを施し、段差を減らして、隙間を魚が上れるようにしようとしたものと思われる。しかし、その下流にある砂防ダムにはスリットも魚道もないため、そもそもここまでサケ、マスはあがってこれない。
001-01全景下から[1]
2012年
002_2013-01全景下から[1]
2013年

砂防ダム手前にコンクリートのタタキがあり、増水時しか魚は泳げない、段差の上にもポケットがなく、魚の腹がこすれてしまう。
003_2012-01右スリット下から[1]
2012年
004_2013-01下から右スリット[1]
2013年 流木が詰まり、障害物になっている。

007_2012-01全景上から[1]
2012年 ダム上流側
008_2013-01全景上から[1]
2013年 同 流木部分から再度土砂堆積がはじまっている。

009_2012-01上流より遠景[1]
2012年 さらに上流部より。ダムの周りの土砂はスリット化工事のため2,3mあらかじめ撤去されているが、それより上はかつての堆積層が残っており、川の掃流力により、徐々に流出している。この時点で1.5mほどの洗掘。
010_2013-01上流より遠景[1]
2013年 洗掘は2mほどに。川は本来の流れの高さと勾配に戻ろうとしている。

011_2012-01上流より上昇河床をのぞむ[1]
2012年 ダム上流部では100mにわたって土砂が堆積、川は砂利の上を1.5-2m幅で流れている。大半の水が表層以下を流れるため水量が少なく見える。
012_2013-01上流より上昇河床をのぞむ[1]
2013年 堆積砂礫と水面に高低差ができ、川幅は2-2.5m。ここでも本来の水面高に戻ろうとしている。

013_2012-01上昇河床の礫構成[1]
2012年 川床の石の大きさがそろっている。不安定で不自然な川床。
014_2013-01上昇河床の礫構成[1]
2013年 川床の石の大きさが多少まちまちになってきた。サケ、マスの産卵床にはまだ「硬くて」適さない。
017_2013-01上流河床上昇のなくなる地点[1]
2013年 砂防ダムの影響は300m先には及んでいない。自然の川は大小の石が組み合わさって安定的な構造を自ら作り出している。

018_2012-0102間の上昇河床[1]
2012年 第一ダム(スリットあり)と第二ダム(スリットなし)の間にダム2つ分の土砂がサンドイッチされ、土砂過剰の極み。 これは2013年も大きくかわらず。むしろ悪化。
020_2012-02堆積を上からのぞむ[1]
2012年 スリットのない第2ダムは砂利で埋め尽くされている。
023_2012-02下タタキ[1]
2012年 第2ダム下のコンクリートタタキには石ひとつなし。
025_2012-02全景下から[1]
2012年 第2ダム

この第2ダムさらに下のダム(平和霊園のところ)もスリット化し、土砂を流下させ、かつ、魚を溯上できるようにしなければ、全体としてまったく機能していないことになります。スリットを切れば、土砂の自然な流下が短期間に回復することがここからわかりますが、行政がどのような展望でどこまでのことをしようとしているのかを聞いてみる予定です。

カテゴリ: 琴似発寒川

tb: 0   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。